バイアグラ使用の際の注意点

MENU

バイアグラを服用するときに

バイアグラ,使用

バイアグラ錠は性行為の約1時間前位に服用しましょう。
バイアグラ錠は性的刺激に反応して勃起機能をサポートします。バイアグラ錠には25ミリグラム、50ミリグラムの2種類の錠剤があり、1回に服用できる量は医師に指示された通りとなります。それ以上飲んではいけません。

 

薬の効き方には個人差があり、効果を得らなかった場合は医師または薬剤師に相談してください。

 

バイアグラ錠は催淫剤や性欲促進剤ではありません。

 

決して、自分で量を増やしたりしてはいけません。処方された量以上に服用しても、効果の増大は望めず、かえって新たな副作用が出て、副作用の程度が強くなることがあります。
また、1日1回までの服用回数を守ってください。次に飲むときには、必ず24時間以上開けてください。

 

ほかの医療機関を受診するときは、バイアグラ錠を復唱していることを申し出てください。
ほかの薬、特に心臓病との相互作用や病気との影響が出て、バイアグラを服用することで危険な状態になる場合がありますので、必ずバイアグラ錠を副表していることを申し出てください。

 

服用後、性的刺激を受けなかった場合

性的刺激を受けなければ、勃起することはなく、また性的刺激が中止されては勃起も収まります。なお、何か異常がある場合には医師にすぐに相談してください。

 

バイアグラ錠は性行為感染症を防ぐことはできません。
バイアグラ錠ではエイズなどの性行為によって感染する病気を防ぐことはできません。

 

ここまでしつこくかかなくてもいいのではないかと言う人もいるかもしれません。しかしバイアグラは使い方を一歩間違えば、死亡することも十分にあり得る訳ですから、ファイザー製薬をしても、これくらい書かざるを得ないのでしょう。

 

それだけバイアグラは効果の薬である反面、危険性の高いものだということです。