バイアグラ使用の際の注意点

MENU

バイアグラと心臓

バイアグラ,使用

バイアグラを販売しているファイザー製薬のパンフレットに以下のことが書かれています。

 

「性行為は心臓に負担をかけます。バイアグラ錠を飲む前に、健康状態について医師とよく話し合いましょう。特に心臓に関する持病のある方(狭心症や重度の心血管系障害心不全など)脳血管に病気のある方(脳出血・脳梗塞)は、死に至ることがありますので必ず医師に相談してください。」

 

まさに命がけでセックスしなければならないという感じですが、こうした症状を自覚している人の場合は、あえて危険を冒すことはそれほどないとは思うのですが、自発症状がないにもかかわらず、心臓や脳にこうした障害がある場合に、知らずにバイアグラを服用すると、重い副作用が出ることがあるので、十分な注意が必要です。

 

普段から、ちょっとした運動で動悸が激しくなるなどという人は、服用は避けた方がよいかもしれません。

 

も指導してもバイアグラを服用したい場合は、医師によく相談することが必要です。

 

このほかにもこのパンフレット「バイアグラ錠を適正に使用していただくために」には患者が注意する重要な点がいくつもかかれています。

 

バイアグラによる副作用をきちんと把握したうえで服用するようにしてください。