バイアグラ使用の際の注意点

MENU

EDは命にかかわる

EDは命にかかわる

お医者さんの中でも「EDは命にかかわる病気ではない」と断言することがあります。勃起することができないから、生活や健康には影響はないといえますが、実は、EDは脳梗塞や心筋梗塞などの血管のつまりのサインでもあるのです。

 

そのためこの症状をそのままにしておくことは、間接的には命にかかわることがあるのです。

 

本人にとってはとても切実な問題です。しかも奥さんや彼女がいる方にはそれらの人にも関係してくる問題でもあります。男性ばかりの問題ではないのです。

 

EDの研究に取り組み400人以上の診察した医師でもその様に話しています。EDの症状がある男性は、日本国内の男性100人当たり10人ほどいると言われています。今や国民病と言える段階にきているのです。

 

日本でも約500万人以上の男性がこの症状に悩んでいるのです。さらに悩みはデリケートなものなのでなかなか他人に打ち明けることができません。

 

悩んだ末に病院に行こうにもそれらの情報が出回っていないので、どの病院に行けばいいのかがわからない。泌尿器科に行っても専門の知識のない医師もいますので、適切な治療を受けることができないケースもあります。

 

もしも自分がEDになったとしたら、いったい専門医ではどのような治療が受けられるのかを知っている人は少ないでしょう。