バイアグラ使用の際の注意点

MENU

バイアグラ使用の際の注意点

バイアグラ使用の際の注意点

ファイザー製薬では患者向けにもパンフレット「バイアグラ錠を適正にご使用いただくために」を作成しています。
その内容は医師向けのバイアグラハンドブックと共通する部分が多いのですが、そこにかかれていない内容もあります。

 

まずは警告ですが、

 

「バイアグラ錠はすべての方に適するわけではありません。硝酸塩(飲み薬・舌下錠・張り薬・注射・吸入剤)を使っている方は決してバイアグラを使用しないでください。

 

例えば、狭心症の発作の治療によく処方されるニトログリセリンを飲んでいる方、張り薬を張っている方、窮している方などは、血圧が危険のレベルまで下がり、誌に至ることがありますので絶対に服用しないでください。また、ほかにも飲んでいる薬があれば、必ずそのことを医師または薬剤師に相談してください。」

 

この警告は最も重要なものです。これを守らないと服用した患者が死亡してしまう場合があります。実際、アメリカでは素手位これらを守らなかったために死亡した人が多数いるのです。

 

「硝酸」や「ニトロ」という言葉がある商品も多くありますが、そうした言葉ではなく、内容が商品名だけではよくわからないものもたくさんあります。
心臓病などで医薬品を使用している方は、バイアグラを服用する際にはこうした医薬品でないかを必ずチェックしてください。

 

ニトログリセリンなどの硝酸塩剤商品リスト

 

アイトロール
亜硝酸アミル
アバティアテープ
イソコロナールRカプセル
イソビット
L−オーネスゲン錠
カリアント錠10
カリアントTPカプセル
コンスピット錠
サークレス
サワドール錠
サワドールテープ
ジアセラL錠
シグマート錠
シグマート
硝酸イソソルビド錠

硝酸イソソルビドテープ
スレンドミン錠
セラモンテ錠
ニコランマート錠
ニトソルビド
ニトプロ
ニトラステープ
ニトロールRカプセル
ニトロール錠
ニトロールスプレー
ニトロール
ニトログリセリン錠
ニトログリセリン
ニトロシンパフ
ニトロスロー錠
ニトロダームTTS

ニトロバイド錠
ニトロフィックス
ニトロベン錠
ニトロラム
ハイバジールコーワ錠
バソレーターRB
バソレーター
フランドル
フランドルテープ
ペネティISDNテープ
ヘルツァー
ヘルツァーS
ヘルビニンRカプセル
ホクスノールLカプセル
ミオコールスプレー
ミニトロテープ

ミリステープ
ミリスロール
ミリスロールテープ
ラブノールRカプセル
リファタックL錠
リファタックテープ
リペラステープ

 

バイアグラ服用時の血管系の死亡を防ぐ

 

バイアグラ服用時の血管系の死亡を防ぐ

バイアグラの副作用に関しては、PDEの阻害薬であることが原因で起こります。このPDEは体内のいたるところに存在しているので、バイアグラの作用が思ってもいないところで起こることがあるのです。

 

そのために現れる症状としては、その部分の血流がよくなることから起こります。顔のほてり、動機、不整脈などです。

 

しかし、バイアグラの副作用で重要なことは、ほかの薬剤との相互作用です。とくに硝酸薬のニトログリセリンとの併用による著しい血圧の低下、およびショック症状です。

 

硝酸薬を服用すると循環器血液中に高濃度の一酸化窒素が発生します。バイアグラの服用は欠陥平滑筋細胞内のPDEを阻害し、一酸化窒素の血管拡張作用を増強します。

 

この作用が合わさると人体にとても危険な症状が現れますので、硝酸薬とバイアグラは禁忌です。

 

同様に、一酸化窒素を供給する薬剤などもバイアグラとの併用を控えたほうがいいでしょう。

 

急性心筋梗塞、不安定狭心症などの急性環症候群の患者が医療機関に搬送されるときには、従来の病歴を聞くことに加えて、必ずバイアグラの服用の有無、最終服用時間を聞き出すこと、話すことが大切です。

 

万が一、硝酸薬とバイアグラを誤って服用してしまい、血圧の低下した患者では、まず硝酸薬の投与を中止して、過度の血管拡張に対しては、足の部分を高く上げて血流を体に向けること、循環血液量の増加を試みることです。

 

血圧回復が不十分な緊急症状では、末梢血管収縮作用のある薬剤の投与も必要です。

 

一般的に降圧剤については作用が増強する可能性を考慮する必要があります。

 

関連サイト

 

バイアクラで勃起回復【バイアクラジェネリック薬通販】